ニシタイ 西葛西駅前タイムズ

SNS
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter

Bigbeatのひとたち 2016.12.30 攻める管理部?

2015.6.30公開
ビッグビートの「管理部」で創業まもないころからビッグビートをあらゆる面で支え続ける、横川氏に聞いてみた。
 
── 「攻める管理部」としてビッグビート社内でブイブイいわせているようですが、どんなところが「攻めている」と言われる所以でしょうか
 
人、モノ、お金、情報などの会社の資源を有効活用して、社外で活躍しているスタッフをサポートするというのが大きな役割です。
とかく管理部の仕事は受身になりがちですが、待たない、諦めない、こっちから近づくということをモットーに仕事をしています。
早く回してほしい請求書や伝票などは、待たずにもらいに行きます。あれどうしたこれどうしたと何度も聞きます。社内をウロチョロして、スタッフにコミュニケーションという名の催促をしています。書類も表現を変えて、少しでも反応が大きいものを探ってます。最近の発見は「至急」より「ASAP」が若手には効いたこと。なんじゃこれって感じだったみたいです。

──  攻める管理部のメンバー紹介をお願いします
 
まず、厳格な管理部取締役は、(本人は恐妻家とおっしゃいますが)実は愛妻家。
夜8時を過ぎると毎日こっそり電話をしています。
(中央が厳格な取締役。本人の強い希望により画像を加工しております)

ゴルフ部でも一緒なのですが、調子が悪いと無口になるのが特徴。
(第23回ハマロ杯 於ワイルドダックカントリークラブ

次に、フラダンサー。仕事はデキパキと段取りいいのですが、おとぼけさんなところもあります。経理なのによく数字の桁を間違えます。彼女も創業間もないころを知っているひとりで、一緒にいろんな芸を磨いてきました。


もう一人はダイバーです。スキンダイビングが趣味でよく海に潜りにいっています。いろいろ細かいことに気が付いて面倒見がよい。こんな4人だから、バランスが取れてるのかな。
そうそう、2015年の月刊総務5月号 で管理部メンバーを取材いただだきました。

──  攻める管理部は、創業まもないころはどんな様子でしたか
 
今は総務、経理、財務、人事、システムを社内で分業していますが、当時はあれもこれもやってました。
私は元銀行員、小さな商社の営業事務を経て未経験で経理としてビッグビートに入社。
(当時は大きな声では言えないけど、どんぶり勘定だったの!)
すべての伝票が手書きだったこともあって、土日も働いたりしてましたね。その頃はまだプリンタをスイッチャーで切り替えてた時代。それから、販売管理システムを導入することになって社内ネットワークをつないで、サーバーを導入することになって。いつの間にかシステム管理も担うようになりました。外部のシステムパートナーと話ができるようにと初級シスアドの資格を取ったりして、とにかく勉強しました。あとは新卒採用を始めてから、少しの間人事も担当してましたね。採用試験の問題作るのはとても楽しかったな。

──  攻めてますね!そんな横川さんのエナジーチャージは「旅」だとか
 
最近は何度目かのイタリア旅行に行きました。(TOPページの画像は青の洞窟!)ヨーロッパ方面の遺跡巡りが好き。きっちり予定を決めて回る旅も、ゆったりとしたリゾート旅も好きです。こないだ飛行機の中で数えてみたら、訪れた国は35か国になっていました。時間の流れかたの違いを体感できるのが旅だよね。
 
──  そんなに旅してたら、いろいろありますよね(いろいろ)
 
バリ島に行ったときに町の両替所で両替したんだけど、受け取ってその場で数えると(元銀行員)どうも札の枚数が足りない。また目の前でおじさんが数えるとレート通りなんだけど、自分で数えるとまた違うんだよね。両替詐欺。みんな受け取るとき数えないから気付かないのかな。
でもマジックを見せてもらったようで、ちょっと得した気分。「現金その場限り」という教訓です。
あと旅で楽しいのは現地のひとや旅先での出会い。帰国してからもFBなんかでつながって違う旅の話を聞けたりして、面白いよね。怪しいひとは、もう「におい」でわかります。たまに現地でバイクや車に乗せてもらうこともあるけど、怪しいと思ったら逃げるに限る。スペインでは広場で走って振り切ってやりました。
(スペインの広場)
 
──  読者にメッセージを
 
支払いは遅れないのがビッグビートのモットーです。パートナーのみなさま、ビッグビートへのご請求書は翌月5日までにお願いします。
 
そして、こんな愉快な管理部ではさらにメンバーを募集中です。
信頼と信用をベースに「自由」なビッグビートで、一緒に芸を磨きませんか!
詳しくはビッグビート人事担当 saiyo_bbt@bigbeat.co.jp まで。
 
Recommend
Ranking
  1. 「課題先進県」高知県のマーケティングを聞く
  2. タイのビューティマーケットで成功するためには?
  3. カスタマーサクセス×マーケティング ― デジタル時代の三方よし!
  4. カスタマーサクセスってなんだ??
  5. 公開鼎談「広報・マーケに悩む企業、こうすれば生まれ変われる」
Mail magazine