ニシタイ 西葛西駅前タイムズ

SNS
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter

ユニークベニュー 2017.06.09 東京のユニークベニューに行ってみた!東京アメリカンクラブ


麻布十番駅から数分しか掛からない距離で東京タワーの最大ビューを持つ、イベントに利用しやすいプライベートな空間があると聞くとびっくりする人がいるでしょう。

今回は東京アメリカンクラブを訪問しました。


Photo©Jeff Goldberg/Esto

東京アメリカンクラブは、港区麻布台にある50カ国以上、3800人のメンバーを持つ会員制クラブです。1928年に設立された歴史と伝統のあるクラブで、Perry Clark Perry Architectsにより2011年にデザインされた施設です。
クラブの特長としては、なんといっても「会員制である」ということ。会員制のプライベートな空間に、会員でなくても利用ができる施設があるとのことで、シニア バンケットセールスマネージャーの秋元さんにご紹介いただきました。

会場に到着するとロビーで秋本さんが迎えてくださいました。

東京アメリカンクラブは「大きな家」を基本コンセプトにデザインされているそうで、実際に施設に入ってみると、贅沢でありながら「家」のようにとても居心地が良く感じました。スイートルームからレストンランやプールまで会員であれば、すべての希望が叶ってしまいそうです。

非会員も利用できるスペースでのイベントについてお聞きしました。


Photo©Jeff Goldberg/Esto

まずは「New York Ballroom」と「Brooklyn Suite」を紹介してくださいました。150インチのロールダウンスクリーンや埋め込み式のTVモニターとプロジェクターが完備されています。ハイテクなものをみるとワクワクします。

「New York Ballroom」は700平米、「Brooklyn Suite」は198平米ですが、イベントの条件により、どちらの会場も3分割することができるとのこと。スウィッチを入れると、天井から自動に壁面が降りてきました。モダンで便利だなと思いました。また、New York Ballroomは地下2Fにもかかわらず、天井から床までの大きな窓があり、そこからお庭が見えます。



「大小さまざまなイベントができますよ。パーティ、落語、カジノなどをやったこともございますし、チャリティガラも多いですね。」

それから、さらに大きな規模のイベントも可能なのかをお聞きしてみると、「地下2F全体をイベントスペースとして利用できます。」とのこと。「New York Ballroom」 と「Brooklyn Suite」の間の「Central Park」という島型バーや受付も含めたスペースが「New York Floor」として、利用できるとのことでした。私は「Central Park」のバーに立ちながら、ニューヨークのビジネスの世界を想像してみました。

その後、3Fの「CHOP Steakhouse」にご案内いただきました。ここも日中一組限定で、貸切イベント会場として利用でき、プライベートな空間でビジネス利用の懇親会にもぴったりではないかと思いました。

「サンクスギビングやイースターなどのイベントもやっていますよ」というお話を聞き、とても懐かしい気持ちになりました。



特に私が一番気に入った会場は「Splash!」がある5Fテラスでした。このテラスでは、5月から9月の間、東京タワーがとても近くて、手を伸ばしたら触れそうなくらいの場所でBBQができるのです!下の会場で会議やセミナーを終えて、このテラスでパーティー。解放感が最高です。

テラスを楽しみながら、秋本さんはさらにお話くださいました。

「会員制クラブですので、これが普段はなかなか入れない場所ですが、入ったら施設の豪華さや広さを見てびっくりしていただけると思います。WOWの体験ですね。お客様はこのプライベート感をよく気に入ってくださいます。」

なるほど!確かに「エクスクルーシブ」な雰囲気でした。

「ご利用いただくお客様は日本に住んでいる方が多いですが、来日するエグゼクティブの会合などにもよくご利用いただきます。」


Photo©Jeff Goldberg/Esto

「東京アメリカンクラブでは流暢に英語でコミュニケーションを取れるスタッフばかりです。」と秋本さんは続けました。「ダイレクトでコミュニケーションができる環境で外国人のお客様もストレスなく過ごしていただけると思います。」

このインタビューも英語ですればよかった!と思いました。

帰る前にもう一つの会場を紹介してくださいました。

そこはなんと、ボウリング場でした!



「チームビルディングにぴったりでしょう。」と秋元さんは微笑みました。「一日の会議のあと、ここでリフレッシュしていただくこともできますね。」

短い時間でしたが、あっという間に私も会員になりたい気分になりました。

「我々の目標でもある、親しくて温かいStaffとの距離感を大切にしております。もちろん、会員ではなくても、ご紹介した施設はご利用いただけますので様々な方に体感していただいたいです。」

会員制クラブでありながら、施設やサービスが充実していて、会議からパーティまでのプランニングもしすやく、英語での対応が完璧なユニークな会場でした。
---------------

今回のユニークベニューは東京アメリカンクラブでした。
ご興味があれば、ぜひサイトを訪れてくださいね。詳しくはこちらです。

また、ご興味があれば、英語版も見てみてください~
Visiting Unique Venues in Tokyo! Tokyo American Club

以上、アドキンズのレポートでした。
Recommend
Ranking
  1. 地域×コミュニティの可能性-コミュニティーリーダーズサミットin高知
  2. 花火大会のようなライブイベントを!
  3. 大人の遠足in高知―ビッグビートの原点がそこに
  4. 命名ミューZ!ビッグビートにaiboがやってきた
  5. 展示会レポート from USA 【出張編】
Mail magazine