ニシタイ 西葛西駅前タイムズ

SNS
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter

デジタルマーケティング 2017.07.31 イベントマーケティングにソーシャルメディアを活用する方法

デジタルコミュニケーションのプロとして世界を駆ける ニール・シェーファーさんに、BtoBマーケティングの現状や、デジタルマーケティングのコツなどを日本の事情を踏まえて教えていただくコーナー。

いよいよ最終回は、BtoBイベントマーケティングにソーシャルメディアを活用する方法 です。

----------------



BtoBイベントを計画するのは決して簡単なことではありません。 成功のチャンスをつくることも壊すこともたくさん起こります。 しかし、優れたソーシャルマーケティング戦略があれば、予期しない方法でソーシャルメディアがもたらす今後のイベントへのメリットを活用できます。
この記事では、ソーシャルメディアがBtoBイベントマーケティングにもたらすさまざまな利点をご紹介します。


【イベントプロモーションに、ソーシャルメディア?】

まず最初に、今ではソーシャルメディアがメインのコミュニケーションチャネルになっている、ということを覚えておきましょう。 ソーシャルメディアは、さまざまな方法で活用できます。直感的なものもあれば、既存の枠にとらわれないの考え方が必要なものもあります。 この記事では、BtoBイベント・マーケティングにソーシャルメディアを活用する方法をわかりやすく理解できるよう、イベント開催前イベント開催中イベント開催後 、という3つのステップで説明します。

 

イベント開催前

ソーシャルメディアへの投稿はイベントの数日前または数時間前が一番多いと思っているひとは多いかもしれません。 しかし実際には、イベント前に数多くの活動があり、相当数のシェアとエンゲージメントを集められているのです。 あるレポートで、イベントに関するソーシャルメディア上の投稿総数の40%が、イベントの数日前または数週間前に行われたことが示されました。

ソーシャルメディアを活用することで、貴社イベントを宣伝することができるのです。またフォロワーのエンゲージメントや参加を促進し、ブランド認知度を高め、参加者の注目を集めるのに役立ちます。 以前別の記事で、イベントの前にソーシャルメディアマーケティングを行う方法について実績のある方法を集めたことがあるのですが、ここでは特にご覧いただきたい主なものをご紹介します。

多くの企業が間違えてしまうのは、ソーシャルメディアのフォロワーに、イベントに関する一般的な宣伝を毎日のように打ち込むことです。 これはやりたくないですよね! コミュニティとの自然で本質的な会話を維持する必要がありますが、イベントを間接的に宣伝しながらそれを行う方法がたくさんあるのです。

あなたのソーシャルメディアフォロワーに、イベント前に以下の種類の情報を掲示することです。
•    イベントの期待と興奮
•    イベントに自分だけが取り残されている不安や焦り(FOMO―fear of missing out)
•    イベントの特別ゲストと講演者のプロモーション。彼らが作成したコンテンツの共有も可能です。
•    イベント企画と準備の舞台裏
•    イベントへの追加情報に関するお知らせ
•    イベントの分析と意義
•    イベントで紹介される予定のプレゼンテーションのちょっとした情報
•    イベントに関するビデオと画像の予告編の紹介

イベント前に行うべき重要なハイライトとして、注目して実行すべきベストプラクティスをあげます。
•    マルチチャネルソーシャルメディアプロモーション計画の一環として、上記のようなイベントへのカウントダウン情報を投稿する
•    ユニークなブランドのハッシュタグを作成する
•    ソーシャルメディアであなたの講演者を積極的に宣伝する
•    インフルエンサーに連絡することを検討する
•    ターゲットソーシャル広告の活用
•    登録者のためのソーシャルコミュニティの作成


●ユニークなハッシュタグを作成する
ソーシャルメディアの時代が始まって以来、Twitterのハッシュタグのパワーは、イベントの促進に欠かせないものでした。 イベント当日よりも前にエンゲージメントと認知を確立したい場合は、できるだけ早い時期にユニークなハッシュタグを発信してください。これにより、オンラインでのイベント関連情報も含めて、イベント参加者に覚えてもらうためのハッシュタグを促進することができます。ハッシュタグはTwitter以外の検索エンジン指標でもあるのを覚えておいてください。

すべてのソーシャルメディアチャネルであなたの講演者(およびスポンサー)を宣伝する
あなたが投稿すべき情報の1つは、講演者からのコンテンツです。 講演者は自分自身を宣伝したいので、イベントを自然に支持してくれるのです。イベントを宣伝する際に、講演者があなたの言及に気づくように、講演者をFacebookやTwitterで「タグ付け」してください。
また、講演者がフォロワーにあなたの投稿をシェアするだけでもいいので、講演者に自分のフォロワーとイベントに関する情報を積極的にシェアするよう依頼するとよいでしょう。

●業界にソーシャルメディア「インフルエンサー」を誘致するためのインフルエンサー活動キャンペーンをする
ブランドは、常にソーシャルメディアの "インフルエンサー"を見つけ出し、彼らに接触しようとしています。 イベントも同じですよね。 ソーシャルメディアで活躍する業界のインフルエンサーを見つけて、あなたの「ブランドアンバサダー」になってもらいましょう。数枚の無料チケットが、無料の宣伝広告へと大きく発展することもあるのです!
事前段階は、マスコミやジャーナリストなどの「伝統的な」インフルエンサーに接触して、イベントを体験してもらうよう招待する機会でもあります。 彼らはあなたの業界でこのイベントを盛り上げるために、イベント前、中、後にかけて力をかしてくれるでしょう。

●訪問者を引き付けるソーシャル広告を試してみましょう
有料ソーシャルはイベントをさらに拡散するのに最適な方法ですが、コストがかかります。良い点としては、理想的なオーディエンスをマイクロターゲットとして、少なくともイベントに気づかせることができる点です。 FacebookやTwitter(国際的なイベントの場合はLinkedIn)で試してみて、イベントのROIを測定してみてください。

●ソーシャルメディアコミュニティを作成する
毎年イベントを開催する予定であれば、そのイベントのFacebook Groupを作成してみませんか? Facebook Groupでは、参加者や講演者がトピックのネットワーク化やフィードバックを受けることができ、イベントでより最適化された体験を提供することもできます。 他のどのソーシャルネットワークよりも多くの人々がアカウントを持っているFacebookはディスカッションにぴったりの場です。

●ユニークなコンテンツを作成してプロモーションを支援する
イベントのためのソーシャルメディアチャンネルの多くが侵す間違いのひとつが、過去のプロモーションコンテンツをそのままつぶやくだけ、というものです。 企業やブランドがソーシャルメディアのマーケティング活動の一環として広告以外の方法でコンテンツを宣伝する必要があるように、イベントも同じです。
講演者の助けを借りて、オリジナルのコンテンツを作成して宣伝できるのが良い点です。講演者にユニークなブログ投稿の作成または、ビデオインタビューを依頼して、参加者にとプレビピックのプレビューを提供しましょう。

 

イベント開催中


イベント当日に起こるすべてのことは、どの程度うまく準備してプロモーションしたか次第です。 うまくいけば、瞬間の面白さと自然のながれを楽しむことができる時間です。 このイベントの参加者は、うまくいけばあなたのために大部分のソーシャルメディアを盛り上げるでしょう。 ソーシャルメディアを常に監視し、エンゲージすることを忘れないでください。
あなたのベストな役割は、イベントの参加者をサポートし、イベントについて投稿することです。 イベントカバレッジを本当にユニークなものにするにはどうすればよいですか?
イベントをリアルタイムで「町中の話題」にするためのおすすめの方法をいくつか紹介します。


●イベントでのエンゲージメントを高めるためにTwitterを活用する
イベント中にTwitter Wall(掲示板)を確立することで、参加者は自分の意見や発見をシェアすることができます。 知らない人のために、Twitter Wallはあなたがつぶやきを選択し、重要な瞬間に大きな画面にそれらを表示することができます。 これには、従業員だけでなく、講演者だけでなく、世界中の実際の来場者もバーチャル上の参加者からのツイートも含まれます。
Twitter Wallを設置するだけでは、成功を保証するには十分ではありません。 この戦略を最大限に引き出すためには、いくつかの重要な手順もあります。

•    Twitter Wallの成功は、ハッシュタグをうまく宣伝し続けているか次第です。ハッシュタグはあなたや他の人がイベントについて投稿したコンテンツを検索するための主要な方法です。ハッシュタグがTwitter Wallで目立っているかを確認しましょう!

•    あなたの講演者についてツイートするときは、Twitterのユーザー名を使用するようにしてください。これにより、講演者は自分に関するつぶやきを見ることができ、他の人が講演者をタグ付けしやすくなり、講演者が応答し、イベントハッシュタグのバイラリティー(SNS上でのお勧めによって瞬く間に人気に火がつくこと)を高める可能性が高まります。

•    プレゼンテーション中にあなたのTwitter Wallを参照して、イベント自体にTwitter Wallの質問を組み込んでみましょう。

•    Twitter Wallに誰もが見られるように自分のつぶやきを表示することで、読者に参加するよう促してみてください。参加者は必ずこのことについて何かを述べるだけでなく、参加者のフォロワー(イベントに参加していない)から反応を引き出すことができます。


●講演者の考えや引用をシェアする
講演者から最も魅力的な情報をつかんで、イベントのハッシュタグを追加すると、とても良い効果が出るでしょう。 あなたのTwitter Wallに最高の引用文を表示しましょう。 そのために、Twitter Wallとツイートの管理に専任担当を決めることをお勧めします。 リソースを持たない企業は、イベント用のライブツイーターを雇うことをお勧めします。

●あなたのハッシュタグをTwitterで動かす
イベントはTwitterでハッシュタグ人気を出すのに役立ちます。これは、Twitter内でイベントを比類のないものにすることができるのです。人気ハッシュタグは、たくさんの人が同時に同じことについて話している結果であり、だからこそイベントのハッシュタグが自然なハッシュタグで、人気となる理由です。
使う人が少ない場合は、ハッシュタグの人気を変えることはできません。 Twitterでは良いアドボカシープログラムも持つことが非常に価値となります。 ソーシャルメディア上のあなたのファン、アクティブなソーシャルメディアパートナー、ソーシャルメディア上の従業員たちは、イベントに参加しているか何らかの形で参加している限り、ハッシュタグ人気を高めるのに自然と役立ちます。

正式なハッシュタグを使用している間にファンがイベントについて話し始めると、この機会に会話を促進することができます。 ハッシュタグのスポンサーが会話を聞いて、参加している場合、参加者を喜ばせるので、ハッシュタグをより頻繁に使用することができ、ハッシュタグ人気を高めるのに役立ちます。

●参加者にいくつかの舞台裏を見せて写真やビデオを撮るのを許可する
独占的なインタビューを行い、リアルタイムでアップロードするためのビデオを撮ったり、舞台裏の取材ツアーに参加させたりすることは、あなたのフォロワーを最高に興奮させる方法です。 これはFacebook、Instagram、Twitter、Snapchatでシェアする絶好の機会です。
いくつかの投票と質問を用意して、オンサイトでの対話を準備しましょう。読者があなたのTwitter Wallに直接返信できるアンケートや質問を投稿したりできますね。 これは、イベントに関するデータの収集に役立ちます。

いくつかの質問の例をあげてみます:
•    あなたにとって最高の講演者は誰ですか?
•    どのトピックに注目しましたか?
•    あなたはイベントについて何が一番好きでしたか?
•    次回はもっと何を見たいですか?
•    次回は誰と話したいですか?



イベント開催後


イベントは終わったかもしれませんが、ディスカッションが終わるわけではありません。マスコミの報道と参加者からのフィードバックが、開催後もまだイベントについての話題を提供します。あなたが遂行したすべてのことをチーム、パートナー、フォロワーと共に祝う期間でもあるのです。
イベントの内容は、貴社が前進するのに役立つ豊富なコンテンツソースとなります。 イベントのコンテンツを単に再利用すると、ビジネスとブランドの意識を高めることができます。ほとんどの企業は、この前例のない機会を活用していないのが現状です。

•    ブログコンテンツはさまざまなソースから作成することができます。独自のレポート、つぶやきのキュレート、さらには読者からのフィードバックによっても簡単にコンテンツを生成できます。

•    パワーポイントのプレゼンテーションを使用する講演者の中で、許可を得ている人がいる場合は、LinkedInのSlideshareにアップロードして配布することもできます。

•    イベントで講演のビデオを撮りましたか? これらは、FacebookとInstagramに投稿するだけでなく、YouTubeに投稿することもできます。


ソーシャルメディアを使ってこれらすべてのコンテンツを宣伝することができるのです。 一石二鳥ですよね。

ご覧のように、ソーシャルメディアはBtoBイベントのマーケティングにおいて、あなたが想像していたよりも多くの方法で役に立ちます。これは単なる宣伝活動に限りません。 より多くの読者をあなたのイベントに引き付けるのに役立つだけでなく、講演者、物理的な参加者、バーチャルな参加者との交流や関わり合いが(あなたが提供できる付加価値も合わせて)、あなたとあなたの提供できるものへの信頼を育てるチャンスを増やすのです。

(記事提供:ニール・シェ―ファーさん 編集:ニシタイ編集部)

----------------

ニール・シェーファーさん



キャリアのスタートは日本のBtoB企業。米国に帰国するまでの15年間、日本でセールス・マーケティングの経験と実績をつむという日本通。2010年に独立して以来、日本企業の英語圏におけるソーシャルメディア活用支援を行い、『Forbes』誌が選ぶ「Top 50 Social Media Power Influencers」にも選出されている。

https://nealschaffer.com/



Recommend
Ranking
  1. カスタマーサクセス×マーケティング ― デジタル時代の三方よし!
  2. 「課題先進県」高知県のマーケティングを聞く
  3. タイのビューティマーケットで成功するためには?
  4. カスタマーサクセスってなんだ??
  5. 公開鼎談「広報・マーケに悩む企業、こうすれば生まれ変われる」
Mail magazine