ニシタイ 西葛西駅前タイムズ

SNS
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter

代表濱口:広告業界の片隅で 2017.08.31 旅は道連れ世は情け!

何かに迷ったり立ち止まってしまった時、前に(時に斜めに)進むためのキーワードは『旅と本と友』だなぁ、と思います。
なかでも『旅』はそのエネルギーやインパクトは大きいですね。(費やす時間とお金も大きいですが)

若い頃の旅の想い出話に少しお付き合いください。
80年代前半ころの話です。

20歳のころに旅したアメリカ。
グランドキャニオンなど西海岸の自然。
NYのライブハウスの演奏のスゴさとスエた匂い。
若気の至りで観た映画(当時日本ではアレがナニでしたので)。
エンパイアステートビルは今のように並ばなくてもすんなり上れました。
80年代はじめ頃のアメリカは、あまり調子が良くなかったように感じました。日本が加速している時だったからそう感じたのかもしれません。

22歳、就職もせず(できず)留年を決め込み3ヶ月ほどぶらついたインドやネパールの旅。
男女同じドミトリー(相部屋)はまあ普通。
壁と屋根しかない部屋、つまり床は土で寝袋の台だけのコテージスタイルの宿はトイレさえもない。部屋にないのではなく宿にない。用は水桶携えて裏の茂みでたすシステム(本当です)。


土の床の部屋(トイレは裏の草むら)

インターネット以前、そのころは宿の予約はせず(できず)、ゴーショーし(直接訪ね)、 
『Do you have a room tonight?』
かなりドキドキものです。

インド、カルカッタのサダルストリート辺りの安宿みたいなところは今でもそうでしょうね。

【サダルストリートのドミトリーで出会った人たち】
・日本から送ったバイクでツーリング中の大学生
 (→当時の日本製の大型バイクはもう注目の的、ヒーローになってました)
・アルミ製の弁当箱(ドカベン型)に怪しいお薬の類を沢山入れている女性(ジャパニ)
・バスタオル一枚でウロウロする綺麗な女性(ブラジル)
・安売春宿で身ぐるみはがされた京都の大学生(かと思えば、マザーテレサの家でボランティアをしていた)
・当時大ヒット中のマイケルジャクソンなりきりの国籍不明の人(毎晩踊ってました)
・宿の前には、『阿佐ヶ谷、世田谷、ブッタガヤ』と声をかけてくるポン引き


サダルストリートのドミトリー

長距離バスや列車では乗り合わせた現地の方からちょいちょい食べ物をいただきました。
美味しかったり、そうでもなく口から出しそうになったりも。幸いにも現地の人々との出会いのほとんどはHappyなものでした。
(ちょいちょい騙されたりボラれたりもしましたが)




旅先での出会い

旅、とくに見知らぬ国を大雑把な計画だけでいく自由な旅は、行く前から相当ビビります。
その期待に応えていただくかのごとく、毎日のように色んなことが発生します。
リクシャやタクシーでのトラブルは定番です。
金額で揉めるはしょっちゅう、時には見知らぬところへ連れて行かれることも。

コンタクトレンズからバイキンが入ったのか、目が腫れ上がったことがあり病院へかけこみました。
出された色とりどりのカラフルな山盛りの薬、今思えば多分抗生物質だろうと想像しますがいかにも怪しく、さらにいきなり注射された際には『もうおしまいだ』と観念。幸い痛みと腫れは引きましたが。



国際線でも席は早い者がち、つまり自由席で、乗り換えのためたどり着いたダッカの空港(バングラデシュ)。
フライトキャンセルで三日間も滞在しました。(週2便しか飛んでなかった?)
幸い空港泊ではなく、市内の最高級ホテルに連れていかれました(軍隊?警察に)。
一室にたくさん押し込まれ、『パスポートを預ける!そしてホテルからは外出禁止!』と言われたのですが、当然こっそり外をウロウロ。


ダッカのシェラトンで軟禁

街中がすごく異様な雰囲気だったのは、実はその時期は戒厳令下だったと、あとで知りました。かなりマヌケな話です。
やっとのことで乗り継いで戻ったバンコク(タイ)の楽宮ホテルは南京虫だらけで大変な目にあいました。

『もう日本に帰りたい!一日も早く』という心細い気持ちと
『もっと続けたい、知らないところへ行きたい』というワクワクの想いが常に交差します。

この『逃げたくなるような心細さと、いつまでも感じていたいワクワク感』について、近年あることに気づきました。
これは『経営の感じ』にそっくりです。

まだまだ色んな旅をしたいなぁと強く思うこの頃です。

Recommend
Ranking
  1. 地域×コミュニティの可能性-コミュニティーリーダーズサミットin高知
  2. 花火大会のようなライブイベントを!
  3. 大人の遠足in高知―ビッグビートの原点がそこに
  4. 命名ミューZ!ビッグビートにaiboがやってきた
  5. 展示会レポート from USA 【出張編】
Mail magazine