ニシタイ 西葛西駅前タイムズ

SNS
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter

役員金子:AIDMAアドマンの独り言 2017.09.27 グリーンカレーを喰らってハラを壊した、もとい、ハラを決めたのだ!

ビッグビートは、かつて「ハワイ」に支社があったことをご存知だろうか?

まだ、西葛西で創業して間もない頃である。
あの頃は、シリコンバレーが良くも悪くも、今以上に元気な時代だった。

いつかは、メインランドの西海岸に進出したい!
そのための、まずはハワイ!

そんなオモイだった(ような気がする…)

当時、ビッグビートは、広告ビジネスと旅行ビジネスを生業としていたこともあり、いくらなんでもハワイでは、広告ビジネスではメシは喰えんだろうということで、旅行ビジネスで会社を立ち上げたのだ。

結果としては、この事業は他社へ譲渡をして、撤退することになった。
(今でも、事業としては他社が継続して存続しているようだ…有り難い!)

それでも、私たちは「いつか再び海外へ」というオモイを密かに持ち続けていた。

2008年のリーマンショックの激震で、売上は半減したものの、かろうじて沈没することだけは逃れ
お蔭様でビッグビートは昨年「ハタチ」を迎えることができた。
曲がりなりにも成人である。


今年の正月…

私は「第2の創業の年にしよう」と思いを新たにした。

「いつか再び…」から10年以上もの年月が経ち、世界も大きく変わった。

シリコンバレーも魅力だけど、身近な東南アジアはもっと熱いぜ。

「やってみるか!」

そう決めたら、即行動だ。

JETROの東南アジア各国の担当者を見つけては話を聞きに行き、ウチの強みを活かせるところは何処なのか?を探って回った。
 
で、タイに進出をしてみようかと。

どの国もそれぞれの魅力があるけれど、製造業が活発で、BtoBマーケティングに大きなポテンシャルを感じた事。

それと、将来ASEANというマーケットを見据えた時の、タイのASEAN域内での地理的なメリット。

結局、世の中は51%のメリットと49%のデメリットで成り立っているのだ。
 
そして、この数か月、実際にバンコクに出向き、様々な方々にお会いしてお話を伺って回った。

バンコクでは、東京ビッグサイトよりも立派な展示会場施設があり、年間50以上のBtoB展示会が開催されている。

 

それにも関わらず、BtoBマーケティングのノウハウを提供されていない。

さらに、企業のIT化が途上である。

チャンスである!
 
こういう時の我が社の意思決定は驚異的に早い。

10月から3ヶ月間、JETROの支援を受け、JETROバンコクオフィスに入居させて頂くことになった。

その間、会社設立準備、人材採用、パートナー開拓、顧客開発を行い、

2018年1月からは「Bigbeat Bangkok」として創業を目論んでいるのだ。
 
そんな七転八倒の日々を赤裸々にお伝えできればと思っている。

齢五十を過ぎたAIDMAアドマンの奮闘記になれば本望なのだが、はたして何ができるか?
まっ、命までは取られまい!
「成功の反対語は、何もしない事」と誰かも言っていたな。

それに大好きなグリーンカレーもたらふく喰えるしな。



バンコクでのグリーンカレーが私の背中を押してくれたのであります。

暖かく見守って頂ければ幸いであります。

<Written by Golden Child>

Recommend
Ranking
  1. スタディストが挑むZERO to ONE—マーケティング初心者の戦い
  2. 大手SIerの文化と組織を変える新しいチャレンジ―CTCの今
  3. Dropboxで学んだマーケターとして成長するために大事なこと4つ
  4. チャリンと鳴らすマーケティングを!ハマグチの徒然
  5. ハマグチが「Bigbeat LIVE」を続けるワケ
Mail magazine