ニシタイ 西葛西駅前タイムズ

SNS
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter

イベントレポート 2018.12.04 Go Global!中編「微笑みの国のビジネスパートナー」

サワディーカ!ビッグビートの辻です。

バンコク初心者である営業の長田と辻が、Globalビジネスチームに同行し、展示会の視察や現地クライアント&パートナー訪問をしてきました。旅を振り返る対談、Day2編です。



グローバル専任チームの片浦(中央左)とジェニファー(右)と
 

Day2はパートナー訪問から


2日目は、1日現地の施工パートナー企業を訪問。
素敵なパートナーさんばかりだったね。
 
長田
3社行きましたけど、皆さんとても笑顔が素敵でした。
微笑みの国と呼ばれてるだけありますよ。
正直、日本のオフィスよりもかなりオシャレでした。
 

そうだったね。事業紹介用の動画もわかりやすかった。
 
長田
そうなんですよねー。そしてすべての会社がペーパーレスでした。
 

紙の方がいいと思って、うちの会社案内は敢えてプリントして持って行ったのが、逆にちょっと恥ずかしかったね。
ワイヤレスでモニターに飛ばす、のがスタンダードだったよね。
 
長田
英語でのコミュニケーションもスムーズで、安心しました。
 

3社ともそれぞれ特徴があったよね。
デザインが得意なところ、グローバル展開しているところ、うちと同じようにカンファレンスも手掛けていて、運営や事務局機能を持ち合わせているところも。


近く日本に出張されるとのことで、ビッグビートオフィスにも遊びにきてくださる予定。

  
ビルを丸ごとおしゃれに内装されているパートナーのオフィス!


長田
びっくりしたのが、タイでは立面図とか寸法のわかるような資料ではなく、パースをベースに現地で施工するらしいですね。
 

あれは驚いたよね。
それにしても、初日に視察したMETALEXの様子や訪問から、現地の展示会ビジネスの勢いを感じました。
 

訪問の合間に寄ったカフェでランチ。パートナーさんが車で送ってくれた(とても親切)。
メニューはタイ語のみ。何が書いているのか全く分からず、焦る。

 

この日の訪問を終え、バンコクの夜の街へ……(Part.2)


夜は、Bigbeat Bangkokの現地スタッフ、アランさんがプロデュースしてくれたよね。
 
長田
タイ料理のフルコースをご馳走になったんですよね。
 

ターミナル21のフードコート、アツかったね!!
 
長田
ココナッツジュースもインパクトありました。アランさんはフタのところまでかぶりついてましたね。


右下が現地スタッフのアランさん。「このタイ料理はおいしく食べられました。」(by長田氏)
 
 

タイを代表するお祭り、「ローイクラントン」へ


ちょうどこの日にローイクラントンというお祭りが開催されているということで、アランさんが連れて行ってくれました。
ローイクラントンは、11月の満月の夜、1年で1日だけ開催される、水の女神様を崇め、自身の邪気を川に流すというお祭り。


お祭りの様子。ものすごい混雑している。右上に見えるのはBTSのサパーンタクシン駅。
 
長田
たまたまこの日に行けてラッキーでしたね!
タイ版灯篭流しで、かわいい花やキャラクターなど、趣向を凝らしたいろんな灯篭が路面で売ってましたね。
 

値段もピンキリだったけれど、私たちは真ん中くらいの80バーツの灯篭をゲット!


大量の灯篭の出店がある。


各々好みの灯篭を購入。



お線香に火をつける。


自らの邪念煩悩を払拭するべく祈りを込めて。


流す。


お隣の寺院「ワット・ヤーンナーワー」でも、出店がたくさん。終盤には打ち上げ花火も。


寺院では日本で言うおみくじも。何やらいいことが書いてある雰囲気。

 

祭りのあとは、やっぱりバーへ。

 長田
前日で味を占めたバー巡りを今宵も。
 

ウェスティンホテルもジーンズスニーカーで入れてしまう気軽さ。
そういえば長田君、ここまできてアサヒビール飲んでたよね。
 
長田
はい、「Nice to Meet You!」という気持ちでいっぱいでした。
 

えーと、、何言ってるのかしら?


海外テンションで背伸びしてみた2人。
 
長田
「とりあえずビール」は万国共通でした。バンコクだけに。
 

……。

 
Day3 後編「100万バーツの夜景とPricelessなパートナーシップ」へ続く>>
Day1 前編「バンコク初心者が行くビジネス旅 BITEC!」はこちら>>

-----
 
長田―生まれも育ちも静岡は浜松市。森林面積96%の町に生まれて、東京への憧れの一心で、広告業界へ身を投じ、今に至る。

 
辻―生まれも育ちも神奈川県。広告×イベントに興味があり、その昔ビッグビートへ新卒で入社。長年のあれやこれやの経験を経て、いまなお現場最前線で奮闘中。
PHOTO
 
 
Recommend
Ranking
  1. カスタマーサクセス×マーケティング ― デジタル時代の三方よし!
  2. 「課題先進県」高知県のマーケティングを聞く
  3. タイのビューティマーケットで成功するためには?
  4. カスタマーサクセスってなんだ??
  5. 公開鼎談「広報・マーケに悩む企業、こうすれば生まれ変われる」
Mail magazine